パート3のポイント

パート3(会話問題) 問題数30問

TOEICのパート3対策を始めた人が最初に躓くのがリスニングです。はじめて勉強を始めた人にとっては、文章内容の把握がなかなかうまくできず苦労させられるものです。ではリスニングの能力を身につけるためにはどのような勉強法があるのでしょうか。

まずとにかく英語と接する機会を作ること。参考書・問題集の利用ももちろんですが、日ごろから英語に接し、英語を耳にする機会を多く作ることがポイントとなります。机に向かって集中して勉強するのはもちろん、日ごろのさまざまな場面で英語を聞く習慣をつけるのです。英語に耳を慣らしておくことがリスニング対策の基本になるといってもよいでしょう。

ただし、ただたくさん聞けばよいというわけではありません。リスニングの勉強で最も注意しなければならないのが「わかったつもり」になること。意味のわからない単語や構文を飛ばして読んだ挙句「全体の意味はこんなものなんだろう」と思い込むケースも多いものです。TOEICの試験ではそうした誤りをおかしやすい問題が出題されるため、しっかりとした理解が必要になります。

理解力を深めるためのリスニングの勉強法としては2つ。まずは自分のレベルに合わせたスピードで耳を慣らすよう心がけること

もうひとつはとにかく多くの問題を解くこと。たくさんの問題を時間をかけてじっくりと取り組む方法です。時間と手間をかける必要がありますが、その分理解力の向上を見込めます。理想としては精読で理解力を高めながらより多くの英語を耳にし、ますます理解力を高める、という循環を作ることが求められます。

イーオン無料体験レッスン