パート2のポイント

Part2(一問一答問題) 問題数30問

TOEICのパート2の勉強を進めていくうえで重要なポイントとなるのが参考書選びです。参考書は勉強法の基礎となるものですから、どれを選ぶかによって勉強の環境が決まってくるといっても過言ではありません。

参考書を選ぶ上でまず選択肢に挙げられるのが公式問題集。テスト2回分の問題が収録されており、解いていきながら得点アップのための学力を身につけていくことができます。まず最初に選ぶべき参考書となるでしょう。ただし、役だつ反面、2回分と収録数が少ないこと、過去に試験を受けたことがある人にとってはやや簡単に思えるなどの難点もあるため、他の参考書と組み合わせて利用することが求められます。

参考書選びでもうひとつ重要なポイントとなってくるのが自分のレベルに合わせたものを選ぶこと。TOEICは点数によってレベルが判定される試験です。ですから目標はひとそれぞれ異なってきます。まったくの初心者が800点、900点を目指すための参考書を利用してもまったくついていけない可能性が高いのです。まずは初心者向けの簡単なものを、それから自分のレベルに合わせて参考書のレベルをアップさせてことが基本となります。

模擬試験が収録されている参考書もあります。試験に出やすい範囲や問題を厳選しており、実践的な学力を身につける場合に役だちます。試験直前の最後の対策にも役だってくれるでしょう。

まずTOEICテスト新公式問題集から。それに加えて自分にあった参考書を選ぶことがポイントとなるでしょう。

イーオン無料体験レッスン